並行輸入品が安い理由

ルミノックスの腕時計が、定価より安く売られている理由

ネットでルミノックスの腕時計を探したことがある方はお気づきかと思いますが、
商品が定価の半額近くの安値で売られていることがよくあります。

その秘密は、「並行輸入品」であるからです。

並行輸入品って何?

ルミノックスの腕時計には大きく分けて、正規品と並行輸入品の2つがあります。

正規品はその名の通り、ルミノックスの日本正規代理店が扱っている商品です。
対して並行輸入品は、日本正規代理店を通さずに独自のルートで輸入された商品です。

主に海外の正規代理店からの輸入となり、日本正規代理店を通っていないだけで、
商品は「海外で売られている本物」です。

まとめると、商品自体は基本的にはどちらも本物ということになります。

※一部の例外としては、並行輸入品は流通の段階で
偽物が混ざってしまうというリスクがあります。

ただし、信頼できる並行輸入品を取り扱っているショップであれば、
その心配はほぼ無いと言ってよいでしょう。

どうして並行輸入品は安い?

では、どちらも商品は本物なのになぜ価格に差があるのでしょうか。
それは、並行輸入品には価格規制がないためです。

正規代理店には「この商品はいくらで売りなさい」という定価が定められています。

そのため、値引きをすることができず、
正規代理店であればどのお店でも同じ値段です。

対して並行輸入品には価格の規制がないため、いろんなショップが価格競争をし、
結果的に半額近くまで値段が落ちているということになります。

並行輸入品と正規品の比較

並行輸入品は最初の購入価格を安く抑えることができますが、
その分当然デメリットもあります。

それぞれの特徴を比較すると、以下のようになります。

【並行輸入品のメリット】
・販売価格が安い

【並行輸入品のデメリット】
・正規の修理、サポートが受けられない
・偽物の可能性が0%ではない

【正規品のメリット】
・100%本物
・正規の修理、サポートが受けられる

【正規品のデメリット】
・販売価格が高い

どちらが良いかは買う人次第だとは思いますが、
私個人の意見としては、並行輸入品で問題ないと考えています。

保証や修理の点では正規品に劣りますが、
ウォッチゲートさんのような保証がしっかりとした
お店で購入すれば特に問題はありません。